デッサン

美の最高峰に挑戦!ミケランジェロの最高傑作【ピエタ】を描かせて頂こう

投稿日:

久々のデッサン

 

 

3年近く趣味としてデッサンを続け、400枚ぐらい溜まったころ、

自己満足で描いていてももう意味が無い。発信して色んな人に見てもらおう

と思い2か月前にこのブログを始めた

 

仕事の合間を縫ってブログ運営について勉強し、つい先日これまで描いたデッサンのほとんど全てを公開することができた!

www.pettart.com

 

 

それなりの達成感がある反面、予想以上にブログの記事作成に時間がかかってしまったため、しばらくデッサンできず欲求不満がたまりつつある今日この頃だった

 

短時間で描ける軽いイラスト的な絵には挑戦したけど、

www.pettart.com
www.pettart.com

 もちろんこんなものでは満足できるはずもない!

 

いい感じに本末転倒なこの状況をそろそろ打破したい

デッサンがしたい。禁断症状で体が痒くなってきた

 

そして僕は決めた。

「何日かブログ更新するのはあきらめて描いてしまおう!」と

 

そして約3か月ぶりにデッサンを再開することにしたのだった

 

ミケランジェロの最高傑作「ピエタ」

 

題材は、ミケランジェロの最高傑作「ピエタ」

 

ミケランジェロの彫刻「ピエタ」

 

この世で一番美しいものは?と質問されたら

僕は迷わず「ミケランジェロのピエタ」と答える。

 

この世のどんな絶景も、この一体の彫刻には敵わない(思いっきり僕の主観です)

 

ピエタとは?

 

ピエタとはイタリア語で「哀れみ」や「慈悲心」を意味する言葉だ。

現代ではイエス・キリストの亡骸を抱いて、その死を嘆き悲しむ聖母マリアの姿が描かれた彫刻を意味する言葉になっている。

「ピエタ」を主題にしている芸術作品には強い悲壮感が漂っている。そりゃ当然だ。目の前で息子が公開処刑されて正気でいられるはずがない。

 

でも、ミケランジェロのそれは全く違う。この彫刻は美しいにも程がある

 

なぜなのか 

 

この「ピエタ」という言葉の語源はラテン語の「ピエタス」と呼ばれる「愛の概念」にあるらしい

 

 ミケランジェロの「ピエタ」には悲壮感が全く感じられない。まるでその後の復活を予期しているような表情だ。

語源的な意味合いの方がこの彫刻にふさわしい気がする。

 

よし、「嘆き」ではなく「慈愛」を理念に彫られたんだ という意識でデッサンさせて頂こう!

 

 

ピエタを描いてみよう

 

今回描くのは左右逆さまのピエタ像です

 

①おおまかに形をとる

f:id:atuohs03:20180712234908j:plain

見づらくて申し訳ないです

だいたい最初は、形を取りやすくするために紙に十字の線を引いてから始める

完璧に形をとるっていうよりも、許容範囲に収まれば良し!という感じでどんどん進めていく

 

② 一番影が濃いところを塗っていく

f:id:atuohs03:20180712234911j:plain

輪郭線をもう一度描き、次に一番暗いとこと一番明るいところを探す

すこしモチーフが紙の上に浮き出してくる

 

③グレースケール内の中間色を探る

f:id:atuohs03:20180712235422j:plain

 

一番暗いとこと比較して、その他の個所の色のグレースケールを決める。

とりあえず、まずは頭からにしよう

 

これが本当に難しくて(っていうか苦手で)しばらく試行錯誤することになる

 

④時間が飛んじゃった

f:id:atuohs03:20180712234914j:plain

あ、やべっ、写真撮るの忘れてた!俺のバカ!
急にデッサンが進んでしまった(この間2時間ほど)

 

2Hの鉛筆を使って、彫刻の流れを意識しながら描いていくと少しだけ大理石の質感が出てきたぞ・・・多分。

 

⑤顔を恐る恐る描いていく

f:id:atuohs03:20180712234917j:plain

 顔を描くのめっちゃ緊張する。

 ちょっとでもずれると全然違う顔になってしまうから超慎重に進めていく

 

だ、大丈夫かな?顔も2Hで進めた方がよかったのかな??

 

こんな神々しい彫刻をデッサンのリハビリで描くなんてとんでもなく失礼なことを俺はしているんじゃないか・・・?という一抹の不安もよぎってくる。

 

⑥ギブアップ

f:id:atuohs03:20180712234920j:plain

 所々陰影の濃淡が変わっているんですが、違いが分かりますか?(笑)

ここでギブアップ。

まぁ、リハビリだからこんなものかな

 

 

今後のデッサン計画

5日ブログの更新から遠ざかってしまった。

デッサンしつつ、こまめにブログを更新する術を身に着けていにゃなりませんな。

でもやっぱり描いてると細胞が蘇ってくる感覚がある。

次はベルニーニの彫刻も描かせてもらおうかな!

 

では、

 

ちゃんちゃん

 

 

 

 

 

-デッサン

Copyright© ぺったーと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.