デッサン

【ミケランジェロの作品を模写!】失敗したデッサンを捨てないで本当によかった・・・!

投稿日:

素人が描いた400枚のデッサン。無心でアップし続けております

今日は61-80枚目の20枚

 

では、

 

デッサンNO.61⇒NO.80へ!

 

 

 

 

NO.61 ミケランジェロお気に入りの青年

NO.61 ミケランジェロが描いた青年のデッサンを模写

 

ミケランジェロのデッサンを模写しようとしたもの。名前は忘れちゃったけど、彼が当時気に入っていた青年らしい。それはそれは凄まじいデッサンで、初めて見た瞬間「描きたい!」って思った。しかし、当時は太刀打ちできず、この有様。

 

ミケランジェロの素描で描かれている人物ってホントに生きてるみたいで毎度驚かされる。

実は2~3年してもう一回この模写にチャレンジした。まだ粗削りながらも、すごい上達したと実感できた一枚になった。近日公開予定。

2018.7.12追記)

この記事に載せました!

www.pettart.com

 

 

 

NO.62 またまたミケランジェロ

NO.62 ミケランジェロが描いた「うつむく男性の顔の習作」を模写

 

これもミケランジェロが残したデッサンを模写したもの。

僕は多分、ミケランジェロに一番影響を受けているんじゃないだろうか。

 

本当に素描が呼吸しているんですよ!?

「うわっ!い、生きてる!!」ってマジでびっくりした。

 

で、僕が描いたデッサンは、、、。

うん。まだ息してないな。

  

 

NO.63 またまたまたミケランジェロ

NO.63 ミケランジェロが描いた「レダの頭部の習作」の目と鼻を模写

 

またまたミケランジェロの模写。レダの頭部の習作の隅っこに描かれている目と鼻。さらっと描かれているけど、選び抜かれた線で本当に美しかった。

  

 

NO.64 ハンドグリップ

NO.64 握力を鍛えるハンドグリップをデッサン

 

握力を鍛えようと購入したが、全然使ってなかったので、せめてデッサンしてあげようと思って描いた。

 

 

NO.65 石のデッサン

NO.65 平らでしずく型の石をデッサン

 

また石かいてるよ!俺。

 

デッサンあんまり乗り気じゃないときに、ちょっと楽しようとして石を選ぶことが多かった。ところがどっこい毎度何故かかなり苦戦してその度にショックを受けていた(楽しようとしてたから苦労してたんだろう)。

 

でもこれは結構上手くいった気がして喜んだ記憶がある。

 

 

NO.66 ちっちゃい植物

NO.66 小さい植物をデッサン

 

実家では珍しい植物を沢山育てていた。これもその内の一つ。

 

たまにガチで植物と話せる人いますよね。そういう人がデッサンしたらきっとすごいいい作品になると思う。

 

 

NO.67 鉄の・・・

NO.67 プチトマトをデッサン。鉄のような質感になってしまった。

 

 さぁ問題です。これは何でしょう。

 

正解はプチトマトでございました。

 

なんか鉄のトマトっぽくなってしまった。怖くてかじれないね。

当時のスケッチブックにも「鉄のトマト」って書いてあった。(笑)

 

 

NO.68 老人の石膏像

NO.68 老人石膏像(正面を向いた顔)のデッサンを模写

 

これは当時めちゃくちゃ時間かけて描いた。

今見ると凄い狂っているけど、描き終わった後はすごい達成感があった。

 

実はこの絵もしばらく期間を置いてもう一回描いている。

時間をおいて同じ絵にチャレンジすると自分の成長具合が分かってすごいテンション上がる。

www.pettart.com

 

 

どんなに失敗したとおもって落ち込んでも、その絵は捨てないでとっておいた方がいい。時間をおいてもう一回描くと自分の絵に本当に励まされる。

 

 

NO.69 マイ・レフトハンド

NO.69 自分の左手をデッサン

手のデッサンにチャレンジ。

描いてすぐリベンジを決めた(笑)

 

 

NO.70 マイ・レフトハンド リベンジ

NO.70 自分の左手をもう一回デッサン

 

リベンジは果たせたと思う。前回よりかなり良くなったんじゃないかな。

 

机と手の接触しているところに影をしっかり描いた瞬間、デッサンが急に良くなったのを覚えている。

手本体ばかりに目がいっていて影の存在を忘れていたのだった。

 

ちなみに手だけの記事も書いたりしました↓ 

www.pettart.com

  

NO.71 編み物の糸

NO.71 ミケランジェロ作「レダの頭部の習作」を模写

 

編み物縫い物は絶望的に苦手である。5段階評価では常にだった。

でも描くことならできるぞ!と宿敵を倒す気持ちで描いてみた←?

 

やっぱり編むより描くほうが性に合っているな。

 

 

NO.72 ブラシ

NO.72 大根の頭をデッサン

 

ほんのちょっと成長を実感できた1枚。

 

毛をどれだけ省略して描けばよいか試行錯誤して描きました。はしょりつつも少し使用感のある感じが多少は表現できたんじゃないかな。

 

 

NO.73 ミケランジェロ レダの頭部の習作 の模写

NO.73 自画像

 

またまたまたミケランジェロの素描を模写してみた。

スーパー垂れ目になっちまった。あと後下顎ややけに長い。

 

実はこの模写のもとのデッサンである「レダの頭部の習作」に感激して、ぼくはデッサンを始めたのだった。僕がこの世で一番好きな素描だ

 

やっぱり太刀打ちできなかったが、一生をかけて何度も模写していきたいと思っている。 

 

 

NO.74 大根の頭

NO.74 昔の偉い人が描いた宗教画を模写

 

なんか大根の頭を切って水につけておくと葉っぱが生えてくるんですよね。

結構おいしいし栄養価も高いみたいなので一度お試しあれ。 

 

描いてみたら葉っぱがどんどん可愛く見えてきた。

 

 

NO.75 自画像 みなさんはじめまして

NO.75 ブルータスのミニ石膏像をデッサン

 

小学校以来の自画像だった。これでも5時間以上かかったんじゃないか。

 

最初はちゃんと自分の顔になるか不安だったけど、終わってみたら一応自分だと識別できる絵にはなったかなと思う。

 

この絵を写真撮るとき、カメラのセンサーが顔だと認識してくれて嬉しかった(笑)

 

 

NO.76 昔の偉い人の絵NO.76 空のペットボトルをデッサン

 

誰の絵だか忘れちまったー。かなり時間かけて描いたと思う。

 

単なる模写だけど、描き終わったとき「俺うまくなった!」って飛び跳ねて喜んだ記憶がある。こういう「上手くなったかも!」って経験すると描くの止めれなくなっちゃうんだよね。

 

 

NO.77 お前もブルータスか

NO.77 醤油瓶をデッサン

 

 ブルータスのミニ石膏像。

とにかく小っちゃい石膏像で描くのに骨が折れるのですわ

  

ちなみ僕がミニ石膏像に苦しんだ記録はこちらに乗っています↓

 

www.pettart.com

www.pettart.com

  

なんと直径は約10センチ。 

そりゃあ形取れないよー

 

NO.78 空のペットボトル

NO.78 コップに植えた植物をデッサン

 

 背景を暗くしたり明るくしたりたくさん試行錯誤した。

 

 レタリングをサボっているのが勿体無かったな。描けばもっと立体感でたろうに。

細かいとこほど、見せ場と思ってちゃんと観察しなきゃね。

 

 

NO.79 醤油瓶

NO.79 編み糸をデッサン

 

実家にあった醤油ビン。なんだか形がかわいくて選んでみた。

卵かけご飯の時は毎回こいつにお世話になった。ありがとう。

 

液体がガラスに屈折して映っているのを観察するの楽しい。

 

 

NO.80 名の知らぬ植物

NO.80 ブラシをデッサン

 

これはなんていう植物なんだろう。

たまに実家に帰ると不思議な植物が増えている。

 

サボテンも育ててるんだけど、天井に刺さりそうなぐらい成長しててびっくらこいた。

しかも根っこが細くて先に行くほど太く成長しているのだ。

あの成長の仕方で大丈夫なのかな?

 

 

20枚の感想

今日公開したデッサン20枚。思うように描けず、何度も破り捨てようと思った。 

 

 

その後(1~2年後)同じモチーフのデッサンに再チャレンジしたが、

 

捨てずに取っておいて本当に良かった!

 

今思うのは、この一言に尽きます。

自分の成長が可視化されるのでモチベーションが爆発するのです。

 

失敗した作品ほど、大切に保管しておいた方がいいと思う!

 

 

 

ちゃんちゃん。

 

 

 

 

 

 

-デッサン

Copyright© ぺったーと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.