デッサン

【目】と【美術解剖学】で人物画はより上手くなる!

投稿日:

目と美術解剖学と

 

ついにデッサン300枚目!

 

今回ついに300枚目到達やーーーー!3日坊主にならなくてよかった。

 

記念すべき記事ではあるのですが、この時期美術解剖学の本を読んでいた関係で、目ん玉解剖の絵が沢山出てきます。少し気持ち悪いかもしれません(笑)

食事をしながら見るのは避けた方がいいでしょう。

 

良い人物画を描くためには「目」と「美術解剖学」は避けて通れません

 

 

では、今日も30枚駆け抜けます。

 

 

271⇒300へ、よーい・どん!

 

NO.271 目・目・目

目だけをたくさんスケッチ①

 

気味の悪い絵を載せて申し訳ない。

目が一番大事だ!と感じた僕は、この時期大量の目をスケッチした。今回公開するのはその一部です。

歌舞伎役者さんの目力がすごくて沢山描かせて頂きました。ありがとうございます。

 

NO.272 目②

目だけをたくさんスケッチ②

 

 上手くいくと、目だけでそれが誰かがわかるので面白い。

目は人体にある小宇宙って感じがする。

 

NO.273 目③

目だけをたくさんスケッチ③

 

夏目雅子さん、市川海老蔵さん、蒼井優さん、三島由紀夫さん、吉永小百合さんがこの中にいます。探してみてね。

あとウサギも一匹混ざってます。

 

NO.274 目④  AND ETC...

目だけをたくさんスケッチ④

 

やっぱり東洋人と西洋人では目が全然違う!って思ったけど違うのは骨格だったんだな。

なぜか左側にリスと猫がいる。かわいい顔してやがる。

 

NO.275 目⑤

目のデッサン①

 

夏目雅子さんの目です。どうやったらあんなミステリアスな目を描けるんだろう。

写真見て吸い込まれそうになった。

 

NO.276 ここに来てまさかのサツマイモ

サツマイモのデッサン

 

な、なんでここでイモ?

そうだ、砂糖断ちをしていた時期があってその頃たくさん食べていたんだ。

結構効果があったみたいで、頭がボーッとしてしまう症状が結構おさまった。

 

砂糖を食べると、脳は麻薬を摂取したときと同じ反応を示してすぐ中毒状態になってしまうらしい。腸内環境が悪くなり、腐敗したガスが血液に溶けて体調がちょっとずつ悪くなるという。

 

甘いもの好きで慢性的に体調が悪い方、一度砂糖断ちしてみてはいかがでしょう。

 

なんかこのブログの趣旨から外れたことを書いてしまった。でも健康状態もデッサンには大きく影響するからいいことにしよう。

 

NO.277 目⑥

目だけをたくさんスケッチ⑤

目との格闘は続く。

 

漫画家の井上雄彦さんは、「目を描くとキャラクターに命が宿る」と仰っていた。

 

100パーセント同意!なんて生意気なこと言えないけど、第一線で活躍しておられる人と似た感覚を共有できているのはなんだか嬉しい。勝手に背中を押されている気分だ。

 

NO.278  目ぇ!

目のデッサン

 

スケッチじゃなくてデッサンしてみよう!と思い描いた目。

思いのほかリアルになった。今まで見逃していた目の構造とかもしっかり観察できてよかった。

 

 

NO.279 下半身解剖学図

下半身の解剖図のスケッチ

 

やらなくてはいけないことが多すぎる。解剖学だって大事なのだ

人体を描くのに苦戦することは多い。そういう時、解剖学的に正しい線を探り当てた途端に絵がぐっと良くなる。

 

ミケランジェロのデッサンを見て感動した理由の一つが、「無駄な線が一つもない!選び抜かれた線だけで描かれている!」というものだった。

おそらく解剖学を深く修めれば修めるほど、説得力のある人体が描けるに違いない。やるしかねぇな。

 

NO.280 脚解剖学

下半身(脚)の解剖図のスケッチ

おっ、なんか皮膚をめくった内側の構造がわかってきたぞ。

目に映る物の観察から目には映らないものまで見通せるようになるのが、デッサンする者の成長だと思う。

 

NO.281 ミケランジェロの素描の模写

ミケランジェロの素描を模写。体をねじっている筋肉質な男性の絵

 

体をねじる筋肉質な男性。

これもミケランジェロの素描を模写したものです。

筋肉の柔らかい弾力が全然描けなかった。表面を蝋で固めたような質感になってしまった。 遠い道のりを感じた一枚。

 

NO.282 ペン犬

がんを飛ばしている犬のペン画

なぁーにこっち見てやがんだぁ!?あぁん??? 

っていう顔。いや違うか(笑)

かわいいやないか。

ペン画としては失敗だけど、少し感情の宿った絵になったかな(笑)

 

NO.283 ダヴィンチのデッサンを模写(挫折)

ダヴィンチのデッサンを模写

 

目を離して描いてしまうという癖が、全く直らない。

描いていると、どこからかやってくる抗いようのない強制的な力で目をどんどん離してしまうのだ。毎回、「今回は目を離さないで描くぞ!」と意気込んで描き始めるんだけど、終わったら凄い離れてることが多い。これは催眠術か!?と思うほど。

 

内緒ですが、異性ではほんの少し目が離れている顔がタイプなので、もしかした好みが影響してるのかな?

 

NO.284 動物と子供

動物と子供のスケッチ

 

心が疲れたときに描くペン画。最初のころと比べたら結構慣れてきた感がある。

少年のやる気に対して牛に全く闘う意思が無い。闘牛感ゼロな感じが好きだ。

 

www.pettart.com

 

NO.285 動物と子供②

f:動物と子供のスケッチ②

 

会社で物凄く口の悪い上司がいて、その人の周りだけ毎日スモッグが立ち込めてるような感じだった。端的に言うと、皆のストレスになるような人だったのだが、最近そのスモッグさんが猫を飼い始めた。

 

するとどうだろう。なんとみるみる毒っ気が抜けていって、性格が温厚になっていった。アニマルセラピーをリアルタイムで見せて頂いた気分だった。

 

猫、偉大なるかな。

 

ペットはやはり良いね。ちなみに「ぺったーと」というブログ名はペットとアートをくっつけた造語だったりする。 好きな二つの単語をくっつけたのだ。

 

NO.286 左手で逆さ絵

江戸時代の絵を逆さにして左手で模写

 

「脳の右側で描け」という本に影響を受けて描いてみた。

この本がきっかけで他にも右脳系の本を読んでみたけど、どうも自己顕示欲の強いギラギラとした本が多くて好きになれなかった。「人と変わったことして脚光を浴びたいだけなんじゃないか??」と穿ってしまうのだ。

 

でもこの本は違う。どちらというと、禅や哲学に近い内容だと思う。

単なる技術論として読むのは本当に勿体ない事だと、声を大にしてささやきたい。

 

NO.287 動物と子供③ ALWAYS LOOKING AHEAD

動物と子供のスケッチ③

 

なんか素敵な言葉が描いている。

「ALWAYS LOOKING AHEAD(いつも前向きに)」

後ろ向になりがちな自分に言い聞かせるように描いていたんだと思う。

 

NO.288 名画をスケッチ

名画の数々を一枚の紙にたくさんスケッチスケッチ

 

古本屋で西洋の名画全集が売っていて衝動買いした。

その中の絵を目でなぞるように沢山スケッチしていった。

大変恐縮だけど、模写とは違う贅沢な時間だったと思う。

 

NO.289 名画をスケッチ②

名画の数々を一枚の紙にたくさんスケッチスケッチ②

 

パート2。

余白に「30歳から彫刻やりたい!」って書いてある。

この気持ちに変わりはない。心から彫刻をやってみたいと思っている。

でもデッサンできなきゃ話にならないので、こうして時間を作って描いていたわけです。

 

NO.290 動物と子供のスケッチ

動物と子供のスケッチ③

 

NO.291 手のスケッチ

左手をスケッチ

 

NO.292  YOU !!!!!!!!!!!

こちらに指してきている指をスケッチ

 

角度によって短縮された人体を描くのが自分の観察眼を試す一番簡単な方法なんじゃないかと思う。。

 

これを「手」だと思いながら描くのは非常に難しい。手という言葉を頭から消し去って、初めて見るつもりで望むのが大切やねんな。 

 

NO.293 動物と子供のスケッチ②

動物と子供のスケッチ

 

疲れたときに描いてます。 

チンパンジーが幽霊みたくなっちゃった。

 

NO.294 動物と子供のスケッチ③

動物と子供のスケッチ

 癒されたいときに描いてます(俺大丈夫か??)

 

NO.295 動物と子供のスケッチ④

動物と子供のスケッチ

写経でもするかのように無心で描いてます。

 

NO.296 動物と子供のスケッチ⑤

動物と子供のスケッチ

疲れている時に、、、もういいか(笑)

 

実はこの頃、会社が記録的に忙しかったのです。

冗談抜きで 、膨大な書類にのみ込まれて溺死する寸前でした。

 

心はカピカピに乾いていて結構緊急事態だったのだ。

 

だからか、人間の心を取り戻そうとこんなに沢山描いてたんだと思う。こんな状況の時、ピュアな人とか動物を見るとなんか救われる気分になる。

 

NO.297 動物と子供のスケッチ⑥

動物と子供のスケッチ

 

必死になって描いたデッサンを見て上達を実感できるのはもちろん嬉しい。

でも、こういう脱魂腑抜け状態で描いた絵が、思いのほか上手く描けてると気づいた時も、真剣に描いた時ほどではないにしてもかなり嬉しかったりする。

 

NO.298 動物と子供のスケッチ⑦

動物と子供のスケッチ

 

このシチュエーションは保護者止めなきゃいけないよね(笑)

僕が親ならヘッドスライディング気味に助けに行くと思う。

 

NO.299 ひだまり

椅子の上の日向で眠る猫

 

これを描くのは2回目。

本当に猫が飼いたい。日向で寝ている姿を見るだけで幸せな気分になれる。

 

NO.300 平行線馬

縦の線だけで描いた馬

 

節目の300枚目は馬。自分が午年生まれなので選んでみた。

 

 ペン画の教本を入手し、模写した絵。

 

線の方向を一つだけに絞って描いてみるのも面白い。なんだかいい味が出てくる。いろんなパターンを試してみると、自分のスタイルが出来上がってくるのかもしれない。

 

個人的にはレンブラントのハッチングが理想です。

 

 

ついにデッサン残り100枚に・・・。

 

「目と解剖学」と言ったわりには関係ない絵も多くなってしまった(笑)

 

はやいもので残り100枚・・・

終わりが見えてきたぞ

 

 

始めたばかりの頃の超下手なデッサンと、400枚描いた後のデッサンを比較して載せているのでビフォーアフターが観たい方は是非この記事も読んでみてください。↓↓↓

 

www.pettart.com

 

 残り100枚も頑張るぞー。

 

では次回。

 

ちゃんちゃん。

 

-デッサン

Copyright© ぺったーと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.