デッサン

目を上手く描ければ人物は成功すると思う【人物画で一番重要!】

更新日:

今日はデッサン400枚中NO.231-240!

10枚ずつアップするのは今回で最後。

では今日も駆け抜けるぞー

NO.231 女の子

目を見開いた女の子のデッサン

目だけに力を入れて描いた女の子。たしか何かのチラシに載っていた子で、好奇心に満ちた表情が魅力的だったのでその場でささっと描いてみた。

ささっ!のつもりが結構時間かかったけど(笑)

生き物を描くとき一番大事なのが「」だと思う。光を集める器官だからかな。

そういえば経済学でパレートの法則ってのを学んだことがある。

簡単に言えば「重要な2割を押さろ」って考え方だ(と、僕は理解している)。

仕事でも重要な20パーセントを抑えれば、全体の80パーセントの仕事を終わらせたことになるっていう興味深いお話だった。極端な例えで言うと、従業員100人の会社では、20人が会社全体の8割の仕事を行っていることになる。

目を上手く描けたら、八割がた成功したようなもんだ。最近そう思う。

レンブラントの銅版画を模写

これも目を描いてるとき、「この絵はものになる」と確信できた。もちろんまだまだ素人の粗削りの絵だけど、現時点で自分の持っている力を全て出し切れるという予感と共に描くことが出来た。それはそれは幸せな時間だった。

目ん玉は顔面で唯一化粧できないとこだし(カラコンは?という疑問は黙殺させていただきます)、なにより感情が一番分かりやすく表れる。

ちなみにこの老人の絵は最近描いた一番の自信作で、紹介しているNO.231-240を描いていた時期の作品ではありません。

NO.232 花瓶

中心が窪んだ花瓶のデッサン

中心が窪んだ花瓶。ざらざらした触感が印象的だった。

花を挿すためだけに作られた陶器って、清々しくてなんか好きだ。

NO.233 髪の毛止めるやつ

ヘアピンのデッサン

これは完全なるデッサンの崩壊。描いていて結構落ち込んだ記憶がある。

なんでHBの鉛筆しか使わなかったのか分からない。

NO.234 プチ植物

コップに入れて育てている植物をデッサン

コップで植物育てるのってなんかいいよね。

気持ちよさそうに光合成してる。

NO.235 レダの頭部の習作模写

レダの頭部の習作を模写

いったい何度この模写にチャレンジしているんだろう。

過去描いたデッサンを振り返ると自分が一番何に影響を受けたかがよくわかる。

僕は完全にミケランジェロのこの素描にやられたのだ。

これがイデアってやつか!」と、生半可な哲学の知識しか持っていない僕だったが、彼のこのデッサンを見て妙に得心した気分になったのだ。

本職は彫刻家。だからだろうか、彼の残したデッサンは非常に立体的で、モチーフが紙から浮き出してきてこっちに迫ってくるような迫力を感じる。

死ぬまでに1回でいいからそういうデッサンを描いてみたい。

NO.236 ダヴィンチの習作の模写

ダヴィンチの習作を模写(男性二人)

ダヴィンチは残っている絵画よりも下絵で描いたデッサンの方が好きだったりする。

天才のインスピレーションが一番新鮮な形で残っているように見えるからだ。

ミケランジェロとダヴィンチ。途方もない天才が同時期で生きていたなんてとんでもない時代だったんだな。でも個人的にはミケランジェロの方が好き。

NO.237 絵具を置く皿

絵具を置く皿をデッサン

これは描いている途中自分が何を描いているのか全く分からなくなった。自分の中の遠近法が完全に狂っている。

窪んでいるのか出っ張っているのかマルなのか四角なのか。ていうか俺は今何をしているんだ・・・みたいな感覚。

混乱したときは一度鉛筆を置いて絵から離れるといいんだけど、この時は離れずにうんうん言って苦しみながら描いていた。 しがみつくとかえって見えるものも見えなくなってしまう。

NO.238 椅子に座る少女と猫

椅子に座る少女と猫のデッサン

猫を飼いたいぞ。マンチカン。とびきり短足なマンチカンが欲しい。

この女の子みたく腕に乗せてウトウトしたい。

これは椅子をネガポジを意識して描いてみた。「非存在を見る!」っているネガポジの発想は非常に面白いと思うし、ぜったい絵以外にも生きる考え方だと思う。

ネガポジというのは「ネガティブスペースとポジティブスペース」の略語。

椅子だけに限定していうと、この絵でのポジティブスペースは椅子本体。ネガティブスペースは椅子の枠などによってできている空間を指す。椅子以外の空間。

なんのこっちゃ?と思われるかもしれない。

詳しくは、今度「脳の右側で描け」についての記事で取り上る予定です。

NO.239 動物と子供のスケッチ

動物と子供のスケッチ

またまた、「フォーエバーフレンド」っていう昔の写真集を見て描いた。僕のストレス解消法。

もうアマゾンでもヒットしないちっちゃい写真集。

かわいい写真が多くて何度も描かせてもらっている。動物と子供の絶妙な組み合わせがたまらない写真集なのです。

NO.240 ハンカチ

ハンカチのデッサン

これはなんか質感がクレープの生地みたくなってしまった。惰性で描いたデッサン。

こういう失敗を重ねると逆にメンタル強くなってくるぜ(笑)

感想

目が大事だ!と悟ったこの頃の僕は、急に目だけをスケッチブック一杯に描くようになる。少し不気味だけどそのページも今度アップしちゃおう。

目だけでも誰を描いたか分かるので面白い。顕微鏡で小宇宙を観察している気分だった。

次回からは30枚ぐらい一気にアップする予定。

何年かして振り返った時に微笑んで読める記事になればいいなと思う。

ではまた。

ちゃんちゃん。

-デッサン

Copyright© ぺったーと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.