デッサン

【物の見方】がガラッと変わる【デッサンの魔法】僕が200枚描いて分かった事

投稿日:

社会人になってから始めたデッサン400枚公開企画

今日は211-230枚目!

 

 

デッサンNO.211⇒230へ!

 

NO.211 ピーマン

ピーマンのデッサン

 

うーむ。全然ピーマンに見えない。濃淡が薄いと生命力みたいなのが紙からでてこない気がする。最近リベンジでもう一回デッサンしてみたが、これよりは上手くいったと思う。

ある色をグレースケールに置き換えるのは未だに苦労する。

白から黒へのグラデーションを頭の中で行ったり来たりして迷子になっちゃうのだ・・・。

 

NO.212 やかん

やかんのデッサン

 

明らかに途中でやめているが、今見たら結構いい線いってたんじゃないかと思う。

 

デッサン始めたころはこういうステンレスやアルミの質感を表現できるようになるのが一つの憧れだった。

 

僕はかなり慎重な性格なので、大胆に黒くするのがとても苦手だ。結果的に紙上のモチーフが均一に薄グレーになることが多かった。

 

けど、やかんみたいなモチーフはグレースケールの両極端を使えないと絶対に上手く描けない。そう。大胆さがないといけないと思うのだ。大胆さ・・・・。

自分の中には微塵もあると思えない大胆さ。

 

だから性格の矯正もかねて、今後もこういうモチーフに挑んでいきたいと思う。

  

NO.213 目薬

目薬のデッサン

 

悩みの真っただ中にある時に描いたことだけは覚えている。

モチーフは単なる目薬なのに、今の僕から見たら、このデッサンには露骨に当時の悲壮感と焦燥感が滲んでいる。

 

大学卒業してからデッサンが好きになるという自分の目覚めの遅さ。皆就職して真面目に働いている一方、ろくに職に就かずフリーターでプラプラして平気なふりしている自分の不甲斐なさ。やりたいことがゼロで何にも感動できない圧倒的な虚無感。

 

二十歳からの6~7年はずっとムンクの叫びみたいな心境だった。

 

当時の日記なんて残ってないけど、デッサン見たら日記読むより当時の心境が分ることがあって面白い。

 

 

NO.214 寝ているマイシスター

寝ている人のスケッチ

 

帰省して描いたスケッチ。

息継ぎ無しでマシンガンみたいに話しまくる人が静かに眠っている姿を見るのは面白い。当時の僕にしては、静かな空気までスケッチできたと思う。

 

NO.215 折り畳み式ナイフ

革の入れ物に入れた折り畳み式ナイフのスケッチ

 

おっ、皮っぽく描けてる。

 

一度も使った事が無く何の愛着も無い物でも、デッサンが上手くいくと愛着が湧いてきたりすることもある。名前を付けたくなったりしてね。

 

 

NO.216 ひよこ洗濯バサミ

ひよこ型の洗濯ばさみのデッサン

 

このモチーフを描くのは3回目かな?

自分で言うのも何ですが、上手くなったと思う(前よりはね)。影の中の濃淡や一番明るい箇所の表現が変わってきている。技術が上がってきているというより、形に対する先入観が無くなってきているという印象。

 

小手先のテクニックが上達するより、物の見方が変わってきていると実感できる方が100倍嬉しい。このデッサン見ると、自分の認識の仕方が変化してきているのが分って喜ばしい。200枚描いたころに分かってきたのかもしれない

 

 

NO.217 糸

丸めた糸のデッサン

 

すこし固い質感になってしまった。外側を蝋で固めたみたい。

 

この頃からだろうか。目に映っていない部分までイメージして描いた方がいいんじゃないか??と思い始めたのは。

 

思い始めただけであって、実践に移すまでにはまだかなり時間を必要とするんだけれども、そんなことを考え始めるようになる。

当たり前だけど、デッサンするときモチーフは絶対一面しか見えていない。でも想像力を使えばその物の中身や裏側、果ては作られた時期や場所・・・などなど無限に近い姿が見えてくるはずだ!なんて大仰なことを夢想するようになった。

 

これが本当にできるようになったらキュービズムも少しは理解できるようになるのかな。

 

NO.218 靴

スニーカー(左足)のデッサン

 

これも途中で描くのを放棄している。

 

「見る」より「描く」を優先しだすと、途端にモチベーションが下がっていく。これは最近見つけた自分の中の法則。

 

じっくり観察してて、描いてる方を見るのを忘れちゃうぐらいの時の方がずっと楽しいし、結果的に上手くいく。

このデッサンを描いている時の自分に伝えてあげたい。うまく描こうなんて思うんじゃない。って

 

NO.219 陶器

陶器のデッサン

 

北海道でこのデッサンを描いていたけど、描いている間気持ちは京都にいる感覚だった。もちろん何故かはわからない。

 

デッサンしていると時間感覚がどこかに行ってしまい、気持ちや空想がいつもより自由に動き出す。 

 

「時間が無くなる」っていうのが、僕がデッサンにはまった一つの理由でもある。どういうわけか幸福感が強くなるのだ。

 

NO.220 ビニール袋

ビニール袋をデッサン

 

全くビニール感が描けなくて途方にくれた一枚。

 

何回も描き直したけど全然上手くいかない。ここでも慎重すぎる性格が仇となっている気がしてしょうがない。この後もう一回チャレンジしているけどまた撃沈(いずれそのデッサンもアップします)。

 

それからというもの、若干トラウマになって描いていない。そろそろもう一回描いてみようかな。

純粋輪郭線に出会う前だったから、今ならこの時より細かいとこも楽しんで描けると思うんだ。

 

(純粋輪郭線についてはこの↓記事参照)

 

www.pettart.com

 

 

喜怒哀楽で揺れている時に描くデッサンには、どうやらその感情がそのままにこびりつくらしい。不思議な話だけど、覚えておこう。

 

NO.221 紙袋

紙袋のデッサン

 

相変わらず薄いタッチで慎重に描いている。でもそこそこ上手く描けたんじゃないかな。明暗のあまりはっきりしないモチーフの時は、持ち前の慎重さが良く出ることが多い。題材に応じて自分も変身しなきゃいけないんだな。

 

NO.222 トマト

トマトのデッサン

 

前回描いたプチトマトが、トマト型の鉄みたいになってしまったので今回のデッサンはその時のリベンジ。もう少し濃い部分ははっきりと描いてもよかったと思うけど前回よりは成長していると思う。

 

鉄のトマトはこの記事に出てきます。 

 

www.pettart.com

 

 

NO.223 クジャクの横顔

クジャクの横顔をデッサン

こんな気の抜けたスケッチじゃなく、いつか時間をたっぷり取ってクジャクを描いてみたい。

 

クジャクは悪食(あくじき)で有名。毒を持つサソリとか虫を食べるみたいなんだけど、それを栄養にして綺麗な羽を作るのである種神聖な生き物として扱われることも多いらしい。

花でいうと蓮(はす)の花みたいなものかな?汚い泥水の中から見事な美しい花を咲かす姿がクジャクと重なるかもしれない。人もかくあれ!ってことなのかな。

 

NO.224 ナナカマド

ナナカマドをデッサン

 

こーれーは時間かかった記憶があるぜー。

 

描いている途中、「この実を全て描く気か?本気か??」って何度も内なる自分に聞かれたけど全部描いてやった。こういうのって描き始めるととても楽しい。

このデッサンをもとに水彩で着彩にもチャレンジしたはず。筆はほとんど使った事ないので全然上手く描けないけど、少し愛着の持てる絵になりました。次回公開予定です。

 

NO.225 ミニチュア石膏像とヘアジェル

ミニチュア石膏像とヘアジェルをデッサン

 

この組み合わせの意味が分からない(笑)

石膏像のヘアスタイルに使っているわけではない。たまたま机の上にあったから描いてみたのだ。

 

ていうかミニチュア石膏像上手くなってる気がする!

 

www.pettart.com

 

NO.226 A SLEEPING DOG

寝ているトイプードルのスケッチ

 

うちのトイプードル。よくマルチーズと間違われるけどトイプードル。

あ”---かわいい。何度でも描いてしまう。

もう13歳のおじいちゃん。あと20年は生きてほしい。

 

NO.227  一応ビニール袋

縛ったビニール袋のデッサン

 

野菜みたくなっちゃった。 

切ってごま油と塩をちょっとかけたら美味しそうだ。

前回のリベンジと思って描いたけど、全然だめだった。

 

www.pettart.com

 

NO.228 金色だったはずのスプーン

丸いスプーンを裏側からデッサンしたもの

 

なんだか切ないタイトルにしてしまった。

前回のピーマンと同じミスをしていると思う。

指でこすると皮脂がついて消しずらくなるから気をつけようね。一番光っている箇所が永遠に光らなくなる。

 

NO.229 日本酒の空き瓶

空き瓶のデッサン

 

形はそれほど狂っていないと思われる。確か日本酒の瓶だったはず。

 

レタリングをしっかり見たまま描くのって大事だと思う。平面に張られているわけではないから知っている文字がかなり変形している。形の擦り込みがある分しっかり観察しないといけないのだ。

 

このデッサンではちゃんと描けているかな?

あ、完全に放棄している。

 

  

NO.230 箱ティッシュ

箱ティシュをデッサン

 

これはもうノーコメントでいこう。きっと酔っぱらっているときに描いたに違いない。お酒飲めないけど。

 

 

 自分へ正当な評価を

 

 

 

絵をブログとかにアップする人って自分の作品をけちょんけちょんにけなす人が結構多いなー、と最近思った。自分もそうかもしれない

「そ、そこまで自分の作品を貶めなくても・・・!」と思うこともある。

 

特に一番基礎のデッサンなんかは先入観をゼロにするための努力でもあるから、公平に自分の作品(もしくは自分自身)を見ようとするのも、描くのと同じぐらい大切なことかもしれない。

難しいことだけど、自分に対して正当な批判ができるようになりたいものですね。

 

これもデッサンから学べる「物の見方」の変化なんじゃないかな

 

 

 

 

-デッサン

Copyright© ぺったーと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.