イラスト

科学的に証明された猫の癒し効果!【ペット】と【アート】でストレスフリーの生活を

投稿日:

 

猫を飼うと、幸せホルモンがどばどば出てくるらしい・・・。

 

 

f:id:atuohs03:20180616193617j:plain

孤独な一人暮らしに・・・ 

 

社会人になり一人暮らしを始めて無性にペットを飼いたいと思うようになった。

仕事をしていても考えていることは「ペット飼いたい!」ってことばかり。

 

ペットと言えば代表格はなんといっても犬と猫。どっちもほとばしる程好きだ。

 

犬と猫どっちがいい?

 

「独身で一人暮らし」という条件下なら犬よりも猫の方が適している。

 

猫は犬ほどしつけの必要もないし、基本なわばりの動物なので、開放的な空間よりも室内の気に入った場所でじっとしている方がストレスが溜まりにくいらしい。

 

そう考えると一人暮らしで犬は厳しい。可愛いし大好きがゆえに厳しい。

 

 

一人暮らしで犬を飼いことを想像してみる。

 

例えば前にデッサンした可愛い可愛いビーグルちゃん。

f:id:atuohs03:20180616200321j:plain

 

ビーグルの先祖は狩猟犬。その為か、毎日1時間ぐらい散歩に連れて行かないとすぐストレスが溜まってしまう。

 また、ストレスによって吠える声も大きいので集合住宅では、例えペット可物件だとしても近隣に迷惑が掛かってしまう。

 性格は端的に言うと社交的かつ寂しがりや。毎日仕事でお留守番させるなんてことはとてもじゃないけどできない。

 

もちろん犬種によって性質は異なるけど、全体的に比較しても独身一人暮らしには猫の方が向いてそうだ。結婚して家族が出来たら、犬が欲しいな。

 

よし、猫に決めたぞ。

 

今本気で後悔しているのは、ペット不可物件を選んでいたこと。

あの時にタイムスリップして自分に3回転ラリアットしてきたい。

 

今年中に引っ越して猫を飼うぞ!

 

ストレス社会

f:id:atuohs03:20180616203743j:plain

 

なんで猫を飼いたいと思うようになったか。考えてみるとやはり「ストレス」というキーワードが頭に浮かんでしまう。

 

常に利害が相反している渦中にいて、自分の気持ちに素直に生きることが非常に難しい現代。当然ほっておけばストレスは溜まっていく一方だ。例え職場に不満は無くても、意外とストレスは蓄積されているものだ。

 

僕も今サラリーマンとして働いているので、ストレス社会という言葉の意味が実感としてよく分かるようになった。

趣味で描いている絵も、ストレスを緩和させる為に描いていた面はあると思う。

 

ストレスの発生原因

 

何がストレスになっているだろう。ざっと思いつくストレスを挙げてみた。

 

・時間に追われる

・嫌いな人と会う

・相性の良い人と離れてしまう

・書類作成ミス

・ほにゃららハラスメント

・電話

・残業

・飲み会

・近くに必ず機嫌の悪い人がいる、、、etc...

 

 「どんなストレスがあるかなー」って軽い気持ちでリストアップしたら、とめどなく思いついてしまって少し怖くなったのでこの辺で止めておこうと思う。

 

基本ストレスは全部人間関係から生まれてきているようだ。

 

科学的に証明されている猫の癒し効果  

f:id:atuohs03:20180616203759j:plain

 

猫に癒されるっていうのは科学的にも証明されているらしい。

飼うだけで、脳内に幸せホルモンがどばどばに噴出してくるらしいのだ!

どんな幸せホルモンかというと・・・

 

セロトニン

喜怒哀楽の過剰反応を抑えて感情を安定させる幸せホルモン。

最近よく耳にするようになったセロトニン。食事や生活習慣を改善することで増やすことが出来るらしいが、猫を飼うだけでも分泌されるらしい。

 

 

オキシトシン 

別名「愛情ホルモン

もっと触れ合いたい!って気持ちを促す役割を持つホルモン。

どおりでずっと触っていたくなるわけだ。

 

 

ベータ・エンドルフィン

通常はスポーツ等で経験することがある、苦痛を越えた後の快楽と幸福感に関与するホルモンだ。有名なのはマラソンの「ランナーズハイ」

 ハイになっているとき脳内ではこの「ベータ・エンドルフィン」というホルモンが出ている。

 

何とこの幸せホルモン、猫を眺めて、「あ”ぁーーーかわいいーーー」と思うだけで分泌されるらしいのだ! すごいぞ、猫。

 

別に科学的な証明がなくても猫に癒し効果があることは明らかだったけど、やっぱり猫がそばにいるだけで体内では色んな反応が起こっているらしい。

 

猫は、ストレス社会を孤独に生きる人の救世主なのだ。

 

 

おまけに「猫アート」

 

f:id:atuohs03:20180616205248j:plain

 

この絵は僕の母、たまこが描いた逆さ猫。

 

柄布の上に、水干(すいひ)絵具という画材を日本画の技法を駆使して描き上げている。非常にレアな手法だ。

 

母の絵にはデジタルでは絶対再現できないような温かみがあってとても好き。

 

ペット同様、アートには人を癒す力があるので組み合わせることで癒しの相乗効果が生まれてくると思う。

 

今後も、たまこの作品は定期的にアップしていくので乞うご期待!

 

 

(本記事の幸せホルモンに関する記述は、「幸せになりたければねこと暮らしなさい(樺木宏著/自由国民社出版)」を参照させて頂きました)

 

 猫飼うぞーーー!

 

 

ちゃんちゃん。

 

 

★猫関連記事はこちら★

 

www.pettart.com

www.pettart.com

 

-イラスト

Copyright© ぺったーと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.